注目の記事 PICK UP!

永六輔の孫が名言集の本を出版!永拓実が見た祖父の膨大な言葉の遺産に迫る!

Pocket

永六輔の孫が祖父の名言集の本を出版!永拓実が見た祖父の偉大さとは!

永六輔さんといえば、作家であり、タレント

であり、ラジオのパーソナリティとして

有名でした。

数々の国民的名作を残した方ですが、その

あたる永拓実さんが、東大在学中に、休学して

孫の目線かから見た「永六輔」と、その

偉大なる軌跡をたどるを上梓しました。

拓実さんは祖父である永六輔さんとの記憶を

辿り、100冊近くある著書と、書斎に遺されて

いた手帳やノート、メモなどを読み漁り、

そのうえで親交の深かった人々をおよそ30人

自ら訪ね歩いたそうです。

そのタイトルは、

「大遺言~祖父・永六輔の今を生きる36の言葉」

です。

今は亡き永六輔さんの名言集とも言えます。

永六輔さん自身が書かれた本でも

素晴らしい名言集はありますが、

永拓実さんという孫の世代も感銘を受ける

名言集というテイストが、この本の「隠し味」

ではないかと思います。

永六輔さんといえば、作詞では

「上を向いて歩こう」

「見上げてごらん」

「こんにちは赤ちゃん」

などが有名です。

また、ラジオのパーソナリティ、テレビ関係でも

放送作家として活躍されていました。

83歳で亡くなった永六輔さんは持ち前の好奇心と

多芸多才を発揮し、戦後のラジオ、テレビ、

歌謡史に大きな足跡を残しました。

著書では「大往生」が200万部以上の大ヒットを

記録しています。

テレビバラエティーでは、

「夢であいましょう」

「テレビファソラシド」

「遠くへ行きたい」

など、数々の番組を企画して構成出演しました。

そういえば、「遠くへ行きたい」という

歌も、作詞は永六輔さんですね、子供の

時に聞いた歌ですが、ちょっぴり悲しい

雰囲気のする曲で、父との想い出が重なる、

私個人にとってはとても大切な曲です。

永六輔さんは、本当に数々の作品を世に

生み出しています!

 

スポンサードリンク



 

永六輔の孫、永拓実が出したが名言集の本とは?

永六輔さんの孫である永拓実さんは、

東京大学を一時休学してまで、自身の本を

出版するに至りました。

前述しましたが、その為に、永六輔さんと

ゆかりのある方に取材し、膨大な著書や

遺品などに目を通しています。

その中で、永六輔さんを表現できる大きな

キーワードが「言葉」だったようです。

永六輔さんは、「言葉の職人」とも言われて

いましたし、永六輔さんにゆかりのある人達は

必ずといっていい程、そのことを口にしていた

様です。

孫である永拓実さんの本、

「大遺言~祖父・永六輔の今を生きる36の言葉」

でも、遺言と称された36の「言葉」が

テーマになっています。

その中の一部を紹介してみました。

世代を問わず、人の世の心理を

移した名言集だと思います。

「知識に予算はかからない」

「叱ってくれる人を探す」

「人間関係に順位をつけない」

「人間は今が一番若い」

「生きているだけで面白い」

「聞くは話すより難しい」

「笑うことは武器になる」

「立場や肩書きを裏切れ」

「誰も反対しないようなことをやったって、

誰も何かやったとは思わない」

などなど・・。

言葉の説明や解説がなくても、

その重みと、生きるためのヒント

隠されているのを感じ取ることが

できます。

まさに永六輔さんが、死してなお世に

送り出した名言集だとも言えます。

これは、孫の永拓実さんや親族の方達

だけではなく、私たちひとりひとりへの

遺言と捉えても間違いではないと感じます。

この素晴らしい名言集の本は、小学館からの

出版です。

 

スポンサードリンク



 

永六輔の死で家族は?その大いなる遺産とは?

永六輔さんは、これまでに200冊以上の本

上梓し、作詞でも数々の名作を生み出して

います。作詞などで関係した曲は300曲以上!

代表曲である「上を向いて歩こう」などは、

松田聖子さん、宇多田ヒカルさんなど、実に

260人以上が楽曲利用登録しているから本当に

驚きです。

渋谷区内の二軒の家、原宿駅前にある

マンションもその資産の一つです。

こうした作品は当然遺族へ引き継がれます。

現在、ご存命で遺産を受け継ぐ親族は

2人の娘さんの様です。

 

永六輔さんがメディアの関係者だった影響も

あってか、娘の永千絵さんは、映画評論家で

現在も雑誌等で活動されています。

2人目の娘である永麻里さんは、フジテレビの

アナウンサーになっています。

もちろんご本人の才能と努力の賜物では

ありますが、永六輔というブランド力も、現在

活躍されている業界へプラスに働いたのでは

ないかと思います。

こうした人脈というのも、金額では表す事が

できない大切な影の遺産と言えます。

 

しかし、それにも増して大きな遺産は、

永六輔さんの作品を活用して新たな作品

作り出せるという事ではないでしょうか?

今回の孫の永拓実さんの書籍のとおり、

永六輔さんのオリジナルを元に再生活用する

ことで、新たな作品をとして出す事ができる

のは、親族の特権です。

もちろん一般の私たちもその言葉を活用する

機会はあると思いますが、娘さんやお孫さん

の様に直接的に形にするにはハードルが

いくつかあるともいます。

偉大な永六輔さんの「言葉の」遺産は、孫の

永拓実さんという新たな担い手によって今回

再生されたと表現できるかも知れません。

 

祖父である永六輔さんのベストセラーである

「大往生」は、日本のあちこちの無名の

人々の生、死に関する様々な名言を集めた

“名言集”という内容の本でした。

孫である永拓実さんの「大遺言」は、多くの

無名の人達からいただいた言葉の中で

過ごした永六輔さんの膨大な言葉の中から、

無名ではない人達の力を借りて完成した

“名言集”な訳です。

この名言集が、もしかしたら、今現在

苦しんだり悩んだりしている人の助けとなる

のであれば、亡くなられた永六輔さんも、

きっと喜んでくれるかなと思います。

 

スポンサードリンク



 

Pocket

関連記事

  1. 古川未鈴 有吉反省会で衝撃のぐちゃぐちゃ手作りトースト披露!

  2. 斉藤由貴のキス写真は誰が流出させたのか!警察に相談で捜査の可能性?

  3. いっこく堂の病気 その後は!がんだったのか?重病説の真相とは!

  4. カイル・マクドナルドのアンビリバボー体験!赤いクリップで家を手に入れた男の今は!

  5. にゃんこスターは気持ち悪い?かわいい?それともドヘンタイ?驚愕の私生活を明らかに!

  6. 中山忍と渡瀬恒彦には因縁があった!爆報フライデーで本人が激白!

  7. 岡部友 食事とゴムバンドのトレーニングで美尻ヒップアップ!長谷川博己が驚愕!

  8. 野村祐希が土屋太鳳と行列に出演!有吉反省会では野村将希とガチンコ対決!

  9. 南谷真鈴 ユニクロの登山服で7大大陸を制覇

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP