注目の記事 PICK UP!

それいゆ(岐阜県高山市)で死亡事件!事件の原因は施設の内情が関係!

Pocket

岐阜県高山市“それいゆ”で死亡事件が発生!原因は?事件か事故か?

岐阜県高山市の介護老人保健施設「それいゆ」で7月末から、

相次いで入所者に不審な事故が発生。

入所者3名が死亡、2名がけがをしていたため、

この1ヶ月という短期間で5名もの被害が多発していることから、

事件性が高いのでは?と警察では事件、事故の両方で捜査していて、

世間でもその結果について注目が集まっています。

果たしてこの事件の原因は何なんでしょうか。

亡くなった3名はそれぞれ、誤嚥による窒息死、脳挫傷頭蓋骨骨折、

外傷性血気胸などが死因になっていて、

また、けがをした2名は肋骨骨折、肺挫傷で入院しています。

これらは、すべて不慮の事故なども考えられますが、

誤嚥以外のものに関しては、

介護での援助にて加わる力など、外部からの強い圧迫が原因の可能性と、

暴行などによる場合が紙一重で可能性があるため、判断が難しいものになっています。

しかし、5名が入居していたのは全員同じフロアの認知症専門棟だったそうです。

また、5名全員の介護に30代の男性介護スタッフが関わっていて、

全員の被害者の事故当時に勤務していたという情報がわかっているようです。

偶然すぎるこの状況、この介護スタッフが犯人であることを指し示しているようにも感じられますよね。

なんでも、それいゆに勤める前の職場でも、

この男性の問題行動が目立っていたようで、

夜勤のメンバーからは外されていたということで、

今回の事件でも内々で「たぶんあの人だろう」と噂があったとか…

さらに既にこの男性、解雇になっているようで、雲隠れしているのでしょうか、

ますます怪しいですね。

スポンサードリンク



 

“それいゆ”だけじゃない!過去に似た原因の死亡事件とは?

岐阜県高山市「それいゆ」での不審死亡事件の他にも、

高齢者や障がい者、子どもなど、社会的弱者が施設利用時に犠牲になる事件は減らず、

厚生労働省が調査した、

「養介護施設従事者等による虐待判断件数」は毎年増える傾向にあり、

おそらく発見されているだけでも氷山の一角なのではと考えられているほど、

高齢者などへのひどい対応は問題視されています。

今年の5月には、

奈良県上牧町の介護老人保健施設「こころ上牧」で入所者の97歳女性が殺害された事件がありました。

夜間にベット脇で転落し倒れている姿が発見され、

高齢者における体調急変や危険行動などの不慮の事故かと思われましたが、

司法解剖により、女性の首の一部に細いひものようなもので絞められた痕が認められ、

死因は首を絞められたことによる窒息死とされました。

いまだ事件の解明は済んでいなく、付近の住民からも不安の声があがっているようです。

また、報道でも大きく取り上げられ記憶に新しいのは、川崎老人ホーム連続殺人事件。

2014年11月から12月にかけて川崎市の有料老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」にて

連続して入居者3人が転落死し、あまりに不審な事故だったため、殺人事件として捜査。

入居者をベランダから投げ落とし死亡させたとして元職員の男性を逮捕しました。

認知症高齢者の「物盗られ妄想」を利用した、窃盗も繰り返し行っていたと言います。

入居者について「手がかかる人だった」と話し、

「介護の仕事にストレスがたまっていた」という供述もしていて、

介護のストレスが原因で犯行に及んだようです。

とても許される事件ではありませんが、

介護施設内での実態も事件の原因になっているのかもしれません。

スポンサードリンク



 

岐阜県高山市それいゆ死亡事件から学ぶ介護施設の現状

介護施設「それいゆ」での死亡事件についてはまだはっきりしていませんが、

高齢者施設での人為的死亡事件が後を絶たない理由として、

介護ストレスが原因になっているのは明らかになっています。

施設だけでなく、一般家庭での介護疲れによる、

殺人事件も連日ニュースでも取り上げられています。

実際、介護職は、他職種に比べてストレスの多い職場とも言われています。

さらに「ストレスからくる体調不良」に悩まされている

介護職員・スタッフが圧倒的に多いという調査結果も出ています。

ストレスの原因として、

「仕事の大変さ」「給料が安い」「スタッフが少なく一人あたりの作業負担が大きい」

「肉体的な負担」などがあります。

また、当然「人間関係」も大きな負担になっています。

中には夜勤が精神的な負担になっているケースもあるかもしれません。

介護は人の役に立つ高貴な仕事で、

良いことをしていると信じ込んでいる介護職員が多いのも事実だそうです。

そのため、介護職につく人は、競争せず、

自分は良いことをしていると考えている真面目なタイプで、

言い換えるとストレスに弱いタイプの人が集まってきているという現状があるようです。

社会に貢献する仕事として働いてみるも、

想像よりずっと厳しい現実に打ちひしがれることも多くあるでしょう。

ただでさえ介護職員が少ない中で、

1人にかかる負担はどんどん増え、さらにそれがストレスになっていくという悪循環に陥っているのが、

現在の介護現場が多いのだと思われます。

介護現場も医療現場と同様、24時間命を預かる仕事です。

常に様々なプレッシャーと闘いながら、

終わることのない仕事に追われ、日々が過ぎていきます。

相手にする入居者・利用者も同じ人間です。

相性もありますし、認知症などを患っていると、

危険な行動や常識を逸脱する行動が考えられ、

またまともに会話が成立しないなどで、

何倍もの注意を払わなければなりません。

大変な仕事であるのに、対価が低いことも問題になっています。

しかし、国の対応策として、2017年から2020年にかけて、

他業種との待遇格差を無くしていくとし、

介護職員の給料を上げていく方針を明らかにしました。

今後は介護職の給料が上がることになるようなので、

少しずつ介護職ストレスの負担が軽減していけばいいですね。

超高齢化社会の日本では介護職の存在はなくてはならないものです。

岐阜県高山市での死亡事件などの発生の原因が

介護現場でのストレスなどにあるのなら、

国全体でよりよい現場になるように考えていかなければいけないですね。

スポンサードリンク



 

Pocket

関連記事

  1. 羽田空港事件 アンビリバボー衝撃の内容 犯人が起こした爆発の真実とは?

  2. 坂口憲二の今と消えた理由は? 2017年に見かけなかったのは病気のせい?

  3. レオナ・ヘルムズリーの資産がアンビリバボーで放送!経営手腕はユダヤ人譲り?笑顔で服役!?

  4. 彦根市で19歳が殺人!Facebookは?理由は「罵倒されたから」!?

  5. 桂あやめの事件は西川の死んだ今も続いている!人気女性落語家を襲った悲劇とは

  6. 渡辺謙 浮気した女優9人は誰だ!その驚きのメンツを明らかに

  7. 柳橋純が現金詐取?警察官としてあるまじき行為で騒然・・・

  8. 三杉里公似の借金の理由!現在は?爆報!THE フライデーで明かされる真面目でも失敗したストーリー

  9. 堤下敦 元彼女が忘れられず? 睡眠薬で事情聴収

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP