注目の記事 PICK UP!

RENAが負けた試合で注目を集めたのは何故?ブランド力上昇の条件を持っている?

Pocket

RENAが負けた試合で話題となったのは何故?選手の価値は実力で決まらない?


12月31日の女子スーパーアトム級トーナメントの決勝の朝倉カンナRENA戦では、かわいくて強いと期待されていたRENAがまさかの失神で負けた試合として話題となりました。
 
RENAの戦績も優秀で非常に強い選手ですが、朝倉カンナの戦績は総合格闘技13試合中11勝しており、RENAに対して実力が劣っている選手ではありません。
また、アメリカのランキングではRENAが7位に対して朝倉は3位と、むしろ上位の選手です。
しかし大一番で強くて可愛い相手に圧倒的勝利を収めたにも関わらず、関心を敗者のRENAに持っていかれたことを考えると、スポーツ選手の価値は結果や実力ではないところで決まると思いませんか?
 
格闘技選手に払われるファイトマネーの資金源はお客さんなので、強い・上手いかどうかよりも「お客さんにどれだけお金を払ってもらえるか」で選手の金額的な価値が決まります。
強ければ強い程儲かるプロになれるのですが、強さ以外の魅力を持って観客を動員できる選手はもっと価値があるということになりますね。
 
女子格闘技のファイトマネーは男子より低めで、何千万の選手は現在いないようで、具体的にいくら程度かは分かりませんでしたが、安い選手なら1戦数万円のようです。
二人の対戦では両者が上位ランクの選手であることに加え、大みそかのテレビ中継された大きな大会であったことから、この時は100万円くらいもらっているかもしれません。

スポンサードリンク



レッドブルのブランド力はスポンサーとしての実力?RENAのスポンサーは下手?


経済的に厳しいプロ選手を支えているものの一つにスポンサーがあります。
選手に必要な設備などを提供する代わりに広告塔となってもらう契約で、RENAも朝倉カンナも多くの企業とスポンサー契約をしてサポートを受けていますが、日本のスポンサーは宣伝が下手すぎるのではないでしょうか。
日本のスポンサー企業を思い出そうとしてもなかなか出てきませんが、レッドブルをイメージしてみるとその宣伝効果を上手に使っていると思います。
 
非常に人気のある選手のスポンサーとなることは宣伝効果も高いのですが、すでに必要ないほどのスポンサー契約をしていることや、CMやテレビ番組の出演などによってスポンサーが必要ないことも多いです。
国民的人気を有する羽生結弦選手が後者ですね。
 
レッドブルがスポンサー契約をしている選手の多くは、国民的人気は得られえそうにないにせよ、一定の熱血ファンが存在する分野です。
例えるならBMXやF1などですね。
スポンサー企業としてのライバルが少ないことで、ユニフォームに書かれた細かな文字で他の企業に埋もれることなく、ドカンと企業名を入れて貰えますし、大会を主催して契約選手をたくさん呼び、そこら中がレッドブルまみれの大会にすることもできるわけです。
 
レッドブル1本あたりおよそ2ドルで販売されており、他の缶ジュースの平均がだいたい1.5ドルと飲み物としては高すぎると思いますが、それでも売れるのはこうした戦略によって生まれたブランド力なのではないでしょうか。
 
選手が負けた試合でも、レッドブルは常に勝利しているのですね。

スポンサードリンク



RENAの文字と印象の使い方は大企業より優秀かも!?


日本の企業が印象を残せない理由として、文字とロゴの使い方にも問題があると思います。
RENAが人気を集める理由も、日本では珍しくこの問題を有していないからなのではないでしょうか?
 
まず文字の使い方ですが、日本の企業ランキング上位に入る会社は、TOYOTA、Panasonic、DENSOなど、元々の社名は漢字であったり正式名称としては漢字・カタカナを使っているにも関わらず、商品等の表記はアルファベットです。
これは漢字が印象に残りにくいからではないでしょうか。
例えば車の後ろにHONDAとあれば「ホンダ車だ」と分かりますが「本田技研工業」だったらパッとしません。
 
どこにでもあるロゴとして代表的な自動車のエンブレムですが、大企業ですら使いこなせていないと思います。
トヨタ車は車種等によって異なるエンブレムが付くので全てを「トヨタブランド」として印象付けるのは困難でしょう。
三菱自動車のエンブレムは統一されており覚えやすいのですが、全く関係ない三菱鉛筆と被っている上に、同じ三菱グループの三菱東京UFJ銀行が似ても似つかないロゴを持つため連想できず、三菱自動車がまるでマイナー企業の様に見えてしまいます。
 
負けた試合では失神で注目されたRENAですが、リングネームをアルファベット表記にしていることと見た目のインパクトでブランド力をつけ、今後増々注目されるかもしれませんね。

スポンサードリンク



Pocket

関連記事

  1. 築地八宝亭一家殺人事件 アンビリーバボーネタバレ御免!その真相

  2. 春やすこが病気で入院!娘は?爆報!THE フライデーには息子も登場!?

  3. 船越英一郎が離婚できない本当の理由は何なのか?

  4. 細川佳代子の実家は?子供やアムウェイとの関係に隠された驚きの真実とは?

  5. 桂あやめの事件は西川の死んだ今も続いている!人気女性落語家を襲った悲劇とは

  6. 大杉漣がゴチで卒業してない?後釜は誰?

  7. 三菱銀行人質事件の女子行員はガードルまでも脱がされた!?全裸で肉壁!?

  8. 武井咲の元ヤン同士 結婚は嘘?高校時代の隠された真実とは…

  9. 石川県金沢市で殺人未遂事件!精神疾患が実行犯?原因は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP