注目の記事 PICK UP!

小田急線火災の原因は?参宮橋-代々木八幡区間は通常運転できるのか?

Pocket

小田急線内で火災発生!原因は何?今日の参宮橋-代々木八幡区間はどうなってる?

昨日10日(日)の夕方に発生した、小田急線沿線で起きた火災事故のニュースが、
 
今日の各メディアでのトップニュースになっています。
 
火災が起きたのは、小田急参宮橋駅から南西約450mの場所にあった住宅街で、
 
出火した建物は、「オザキボクシングジム」だったようです。
 
この火災の発生時、思わぬハプニングが小田急線電車に起きました。
 
炎が立ち上る建物すぐ横に通っていた小田急線の線路に、
 
わざわざ燃え移ってくださいとばかりに、電車が緊急停車してしまったのです!
 
現場の目撃者達も「なぜ止まる?」「通り過ぎていれば燃え移らなくて済んだのに」と、
 
停車してしまった電車に危険が及ぶかもしれない瞬間を固唾をのんで見守っていたようです。
 
予想通り、火は車両の2両目の屋根に燃え移ってしまい、電車が燃える中、
 
消防と警察の誘導の元、なんとか乗客約300人は線路に降りて避難しました。
 
パニック状態が予想されましたが、けが人もなく済んだようで良かったです。
 
なんでも、当時、現場に駆けつけた警察官が、消防からの要請を受け、
 
近くの踏切に設置された非常停止ボタンを押したところ、
 
電車に自動ブレーキがかかって、
 
なんと不運にも、ちょうど火災の現場に差しかかったところで緊急停止してしまったらしいのです。
 
安全のために行った緊急停止が、タイミングの悪い場所となってしまい、
 
二次災害につながってしまったようです。
 
参宮橋駅–代々木八幡駅間で起きたこの火災事故の影響で、
 
小田急線の新宿-経堂間で運転を一時見合わせ、約7万1千人に影響が出たようです。
 
ですが昨夜、21:30頃には復旧、運転を再開しましたので、
 
今日は始発から平常運転をしているようですね。

 

スポンサードリンク



 

小田急線火災事故 参宮橋-代々木八幡間にあった火元の原因とは?

参宮橋-代々木八幡間で起きた小田急選沿線火災事故。
 
火元となり、全焼してしまった建物は、「オザキボクシングジム」という、
 
ボクシングのトレーニング施設だったようです。
 
なんとも皮肉にも、オフィシャルHPを見てみると、
 
昨日の火事を予想したかのように、サイトのデザインでも炎が上がっているではありませんか!
 
こちらのジムにはスタッフに、元日本スーパーフライ級王者の木谷卓也さんがおり、
 
ボクサーを目指している方をはじめとして、
 
ダイエット・減量・エクササイズを目的にした、学生や主婦、会社員の方、
 
ボクシングに興味がある方全般が通われていたそうです。
 
1階が練習場になっていて、2階は練習生の宿舎、
 
そして出火したとみられる3階は物置として使われていたらしいです。
 
人が常にいるとは思えない物置からの出火…
 
直接の原因はまだ判明していませんが、火の不始末など、不慮の何かが考えられるかもしれません。
 
出火当時、1階では練習が行われていました。
 
関係者は「上の階でパチパチと音がしたあと火が燃え広がった」と話しているそうです。
 
こちらもけが人などなく済んだそうで一安心ですが、
 
燃え広がった火の原因究明の行く末が気になるところですね。

 

スポンサードリンク



 

火災事故から1日。小田急線の代名詞“開かずの踏切”は今!

今日は平常運転となり一安心となった、小田急線ですが、
 
現場となった、参宮橋-代々木八幡のすぐ近くに、
 
“開かずの踏切”があったのはご存知ですか?
 
小田急線の代々木上原駅~梅ヶ丘駅間(代々木上原、東北沢、下北沢、世田谷代田、梅ヶ丘)の
 
この区間にある9箇所に「開かずの踏切=ピーク時1時間当たりの遮断時間が40分以上の踏切のこと」があり、
 
通勤通学にて渋滞の問題が長年あったのですが、
 
実は、2013年に全てなくなり、3駅(東北沢駅、下北沢駅、世田谷代田駅)が地下化することになり、
 
交通渋滞が解消しました。
 
踏切が40分以上も開かないなんて、考えられませんよね。
 
そんな状態が2013年の工事まで続いていたと思うと、
 
さぞこの渋滞解消は待ちに待った念願の実現だったはずです。
 
不便だった踏切の撤去で快適となった小田急線。
 
このような“開かずの踏切”ですが、
 
なんと国土交通省によると、都内にはこの開かずの踏切がいまだに、
 
およそ300カ所あるとしています。
 
さらにこのうち歩道が狭く事故の危険性があるのが、27カ所。
 
早急に安全対策を取る必要がある踏切に指定されているそうなんですが、
 
その27カ所中、なんと25カ所が京王線に存在しているんだとか…
 
すぐにでも工事をするべき!と思えますが、
 
都内の住宅や建物の密集しているエリアの渋滞解消工事計画もきっと複雑。
 
線路容量を増やす「複々線化」や踏切をなくす「高架化」など、
 
着手も進んでいますが、問題も山積みなようで…
 
予算や大人の事情がうごめいていてすぐには解消されないのかもしれませんが、
 
開かずの踏切で負担になっている方々のためにも、
 
一刻も早く、改善される事を願います。

 

スポンサードリンク



 

Pocket

関連記事

  1. 上野動物園でパンダの赤ちゃん! 5年ぶりに生まれ大歓喜!

  2. 加藤義之が福島市で父親を殺害!親子での農業がストレスとなった?

  3. 大桃珠生ちゃんの小学校はどこ?不審者が相次いでいた!?

  4. 桂あやめの事件は西川の死んだ今も続いている!人気女性落語家を襲った悲劇とは

  5. 井川意高(大王製紙前会長)と現在の会社が爆報!THE フライデーで!二世三世の闇は何故?

  6. 大杉漣はかつらだった?嫁はすごくできた人だった!

  7. ぺぷしるの高校は?かわいいの?YouTuberデビュー大失敗!

  8. 浪川大輔の誕生日が2つある!不倫疑惑の真実に迫る!

  9. 加藤悠(プロレス)が目が変でおかしくてゴミ屋敷に住んでるの?コウメ太夫と熱愛!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP