注目の記事 PICK UP!

桂文字助 生活保護!執行猶予とは?笑点史上最大の転落人生に迫る!

Pocket

桂文字助は生活保護を受けていた?その壮絶な転落人生とは?

桂文字助さんといえば、元落語立川流に所属して

いた落語家さんです。残念ながら2015年に

立川流を脱退していました。

また、桂文字助さんは

「落語立川流きっての武闘派」

「相撲噺のスペシャリスト」

と言われています。

文字助さんは実際に相撲部屋へ稽古を見に

周るほどの相撲研究家であり、歴代横綱を

言い立てる芸も持っているそうです。

文字助さんは「武闘派」と評される程ですから、

喧嘩やいざこざが日常茶飯事であるような生活

ぶり。いろいろと武勇伝がおありのようで、

それが理由で「失効猶予」というキーワードが

出てくる様です。

実際、執行猶予というのは事件にならなければ

まずお目にかかれない言葉。

波乱万丈な人生を送られています。

一体どんな事件がきっかけで執行猶予となった

のでしょう?

 

また、桂文字助さんは、大の日本酒好きとしても

有名で、特に菊正宗が大好物。

しかし、このお酒が桂文字助さんの人生を

狂わせたと言えるようで、お酒のせいで

大事な仕事を失い、奥さんと子供に逃げられて

しまいます。

真打となり、桂文字助を襲名した頃には、

散財癖が治らずに借金は1000万円近くにもなった

ようです。

お酒に飲まれて人格が豹変し、挙句の果てに

喧嘩三昧、談志師匠が警察に何度も貰い下げに

行ったそうで、ついには故意にしていた

お客さんも桂文字助さんから離れてしまいます。

どうやらこうした経緯が元で、立川流を離れて

仕事が激減、おまけに体調も崩して「生活保護」

の道へと進んだみたいです。

一度は真打にもなり上り調子だったのに

一転して生活保護という最悪の結果へ。

 

そんな桂文字助さんが、9月22日のテレビ番組

爆報フライデーに登場、生活保護への転落人生、

そして執行猶予の詳細がご本人から語られる

かも知れません。

そして極め付けは、笑点時代に因縁があった

メンバーとまさかの再会をするようです!

一触即発か!それとも歳を経て丸くなり、

和解への道を進むのか?

興味が沸きます!

 

スポンサードリンク



 

桂文字助の生活保護までの道のりを探る!ある意味武勇伝!

桂文字助さんは、人気テレビ番組の「笑点」で

初代座布団運びでした。

人気番組だった「8時だョ!全員集合」と

「ぴったしカン・カン」の前説をしていた経験も

あります。前説とはいってもギャラは良く、

弟子を引き連れて豪遊していたそうです。

この頃は、まさか生活保護のお世話になる

なんて考えもしなかったしなかったでしょう。

しかし、桂文字助さんはお酒が好きで、

せっかくつかんだレギュラーの仕事を、お酒で

しくじり、更には稼いだお金は家にいれて

いなかったという状態でした。

そのため、妻子はある日突然ふっつりと

文字助さんの家から姿を消してしまった

そうです。

 

真打ちに昇進し、桂文字助を襲名したのは

良かったのですが、散財して1000万円近い

借金が残りました。

築地にいた後援者も離れていき、徐々に孤立へ

向かいます。

桂文字助さんの経済状態はひっ迫し、業界の

義理も果たせなくなり、酒のせいか足を痛めて

しまいます。

そんな中、「殴打事件」が起こります。

立川談笑門下の吉笑さんが、桂文字助さんの持つ

ステッキで殴打された様です。

酔った勢いとはいえ、散々な結末です。

こうした経緯が「武闘派」の所以ですね。

その後、桂文字助さんは立川流を離れ、

文字助組を発足させます。

桂文字助さんは、2013年ごろから、年齢のこと、

身寄りがないこと、足に疾患があることなどで

生活保護を申請します。そして生活保護は

受理され、晴れて?生活保護受理者に。

壮絶なる転落人生です。

噺家で生活保護を受けたのは桂文字助さんが

はじめてでは?そうした生活保護ポジション

狙いというツッコミもご本人からもあった

様です。

さすが落語家!

 

更には、桂文字助さんが起こし、懲役刑が発生

した事件を発見しました。

それは、桂文字助さんが、工事の騒音が

うるさいと刃物を持って現場に抗議したのが

発端です。

単なる抗議ではなく、刃物を持っての行為

ですから、恐喝まがいと判断されたので

しょうか?

判決は、

「懲役1年、ただし刑の執行を3年猶予する。」

つまり執行猶予3年です。

刃物を持って威嚇しただけですが、検事を

罵倒したのが響いたようです。

失効猶予3年というのは異例の長さの様です。

それにしても検事を威嚇するというのは

如何なものでしょう?

そんな桂文字助さんは、生活保護を受けながら

現在公園の掃除を自主的な生業とし、

地域の人に愛されながら生活している様です。

 

スポンサードリンク



 

桂文字助さんのお弟子さんがまたすごい!文字助組の豪華キャラ

桂文字助さんは、立川流を離れてから、独自で

文字助組を文字助組を旗揚げします。

一時期は数十名の文字助組の組員がいた様

なのですが、ネットで検索してみたのですが

あまり情報が集められません。

ちなみに、過去のお弟子さんに、「桂文字ら」さん、

「2代目快楽亭ブラック」さんが見つかりました。

2代目快楽亭ブラックさんも、桂文字助さんに

負けないくらい破天荒というか、数々のエピソード

お持ちです。

立川談志師匠の命で2代目快楽亭ブラックを襲名する

まで、実に16回の改名をしていることでも知られて

います。

しかし借金が原因で落語立川流を自主退会、流れ的

には、この後桂文字助さんのお弟子さんという

立場になられたと思われます。

落語は新作、それも艶話放送規制がかかるような

ネタを盛り込んだものが得意で、そのために出入り

禁止になった寄席もいくつかあるそうです。

また、落語家としての活動以外に、映画監督、脚本家、

映画俳優、映画評論家、風俗体験レポーターもこなす

というマルチぶり。

 

桂文字助さんのウィキ情報をみると、2009年には廃業

となっていますが、独立されたのでしょうか?

当の桂文字助さんが生活保護、そして執行猶予と

問題ばかりだったので、流石に弟子として

続けられないですよね、なので廃業となったの

でしょう。

各方面でご活躍のようですが、扱うネタがネタだけに、

女性ファンはほとんどいないとか。

2代目快楽亭ブラックさんは、2012年には、

『立川談志の正体』という本も出されています。

暴露本のタイトルのようですが、稀代の落語家

立川談志に敬意を表しつつ、その人物像があまりに

美化されないよう、ねつ造されそうになっている

ことを危惧することを意図して書かれた本と

評されています。

 

桂文字助さんに負けないくらい話題の多い

2代目快楽亭ブラックさんですが、さすがに

生活保護や執行猶予をおこすような事件には

関わっていないと思います。

落語家さんはもとより、芸能に携わる方は

波乱万丈です。この先に生活保護や執行猶予

などに関わらないよう、その道を極めて

欲しいです。

 

スポンサードリンク



 

Pocket

関連記事

  1. 見栄晴の現在は?競馬番組が好評!実は実家がゴミ屋敷で崩壊寸前!

  2. 石川県金沢市で殺人未遂事件!精神疾患が実行犯?原因は?

  3. レオナ・ヘルムズリーの資産がアンビリバボーで放送!経営手腕はユダヤ人譲り?笑顔で服役!?

  4. 菅野弥久と放火された海老原よし子さんは友人!?その理由は?

  5. 小沢真珠 牡丹と薔薇で共演した大河内奈々子に懺悔!

  6. 斎藤工 ドラマ&映画 昼顔で上戸彩と共演 その裏の顔

  7. ロン毛力士雅山が爆報!THE フライデーで放送!普通でない親方とは?

  8. 森川葵はドラマ いつ恋で既に準備を進めていた・・・!

  9. 酒井一圭はガオレンジャーと競馬で有名だった!5代目あばれはっちゃく驚きの現在は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP