注目の記事 PICK UP!

みちょぱが味覚障害!理由はモデルらしからぬ食生活!?

Pocket

味覚障害の理由!みちょぱの食生活が異様

今日放送される「名医のTHE太鼓判!」で、みちょぱが味覚障害

であることが診断されているそうです。

 

味覚障害は加齢によって味覚が衰えることが理由となる例が多く、

味覚障害者の約半数は65歳以上の高齢者です。

ところが、みちょぱはまだ10代ですね。

その上、医師から

「老人どころか病的レベル」

とまで言われてしまいます。

どうしてこのような事態となってしまったのでしょうか。

 

味覚障害の理由となる要素は加齢の他にもいくつかありますが、

みちょぱの場合では味の濃いものを食べ続けることによる

味覚の麻痺が原因ではないでしょうか。

 

自らも濃い味付けの食べ物が好みであることを話していますが、

驚くべきところは、メイクをしながらステーキを食べるといった

食生活、日常的に激辛ラーメンやつけ麺など味の濃いものを

食べていることです。

 

偏った食生活を続けて見た目の美しいスマートな体形を維持できる

ことはうらやましい限りですが、健康的ではなさそうですね…

 

味覚障害を予防するにはどうしたらよいのでしょうか。

スポンサードリンク



血圧が心配?みちょぱの健康リスクは味覚障害だけじゃない!

どのような病気の予防でも口を酸っぱくして言われることですが、

バランスの良い食事と規則正しい生活習慣が最大の予防となります。

 

味覚障害でよく原因とされるのが「亜鉛不足」ですが、亜鉛は

牡蠣や牛肉に多く含まれるとされ、これらを毎日摂取することは

簡単ではないと思います。

しかし、実は亜鉛は普通の食生活をしていれば味覚障害となる

ほどの不足を引き起こすことはほとんどありません。

 

もともと必要量の多い栄養素ではないことに加え、豆類にも

含まれているので、豆腐や納豆、ゴマなどの私たち日本人に

なじみ深い食品から日常的に摂取できるのです。

海藻類にも含まれますから、わかめのみそ汁や海藻サラダも

いいですね。

 

そして、味付けの濃い食事も味覚障害となる理由の一つです。

濃い味付けの食事は、糖分・塩分が多く含まれますから、

味覚障害を引き起こす以外にも、高血圧糖尿病のリスクまで

もが高くなります。

 

みちょぱの様に濃い味付けが好きな方は気をつけたいですね。

スポンサードリンク



みちょぱにもできるかも?薄味で満足できる方法

歳をとると薄味好きになる、と聞いたことがありませんか?

健康なお年寄りであればこれは自然なことで、ヒトの身体の正しい

反応です。

 

若い頃と違ってエネルギー代謝量が落ちるので、塩分があまり必要

なくなります。

汗をかかなくなるということですね。

だから味の濃い食事を受けつけなくなっていきます。

 

しかし、味覚障害があると、塩分をどの程度摂取したか分からず、

うっかり塩分過多になってしまうことがあります。

味覚は舌だけでなく、嗅覚とも密接な関わりがありますし、

糖尿病にも味覚が落ちる症状があります。

また、薬の副作用や神経症が味覚障害の理由となることもあります

から、身体の各機能が衰え、病気のリスクが高まるお年寄りに

とって、正常な味覚を持ち、適切な量の塩分だけを摂取することは

簡単であるとは言えないようです。

 

薄味で満足できる方法として、薬味やスパイスを使うことも有効

とされています。

例えば、生姜は身体を温める大変健康的な食べ物ですが、

香りと舌への刺激が強く、満足感が得られます。

 

若いうちから健康に気を配り、みちょぱのように味覚障害とならないよう気をつけたいですね。

スポンサードリンク



Pocket

関連記事

  1. ジョーナカムラ 有吉反省会で筋肉みせつけて大久保佳代子興奮!

  2. 大桃珠生ちゃんの小学校はどこ?不審者が相次いでいた!?

  3. 小林遥のFacebookや大学、家族と余罪は?

  4. 三杉里公似の借金の理由!現在は?爆報!THE フライデーで明かされる真面目でも失敗したストーリー

  5. 埼玉県さいたま市でプールの事故!赤沼美空ちゃん亡くなる 原因は?

  6. 松居一代 統合失調症か?その原因を探る

  7. 小山ひかる ラブベリー元モデルで清水左記と親友!宮迫博之との不倫は真実なのか!

  8. 鈴木紗理奈 たむけんとのブルゾンネタ話題 最優秀外国映画主演女優賞!

  9. 紅白司会者 2017決定!2016 2015の比較と内村光良の総合司会に期待!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP