注目の記事 PICK UP!

加藤義之が福島市で父親を殺害!親子での農業がストレスとなった?

Pocket

父親を殺した加藤義之、相当の恨みを蓄積していた!?


福島県福島市で父親の首を絞めて殺害し、遺体を軽トラックに乗せて警察施設へ出向き自首した事件が話題となっていますね!
 
殺害動機としてうっぷんが溜まっていたことを話しているそうですが、息子の加藤義之はその言葉以上のストレスを抱え、日ごろから殺害タイミングを図っていたのではないでしょうか。
 
日ごろのうっぷんが溜っていたところに発せられた言動に対してカッとなり殺害するパターンでは、殴る・刺すなどの一瞬で決まる方法をとると思います。
加藤義之が取った首を絞める方法では殺害までに時間がかかり、途中でハッと我に返るのではないでしょうか。
それを継続してキッチリ殺害すということは、確実に殺害することを念頭に置いた上で実行したと考えられます。
 
「イラっとしたから殺した」というような人であれば親子で毎日農業をすることはないでしょうし、したとしても殺害はもっと早い段階だったはずです。
大前提として殺人は悪ですし、ましてや親を殺すなど合ってはならないことではありますが、加藤義之も46歳ですから、尋常でないストレスを発散できずに長年蓄積させてきたのかもしれませんね。

スポンサードリンク



加藤義之のうっぷんとは?農家のストレス


親子が共に働くことによるストレスで殺害するほどになった場合、福島市で父を殺害した加藤義之のように殺害を強く決心し、日ごろからタイミングを図る傾向があるようです。
 
許せないなら家を出れば済むので、それができず殺人した事件は多くはありません。
しかし、昭和2年には親子で清掃業を営む父が息子に殺害されそうになった事件がありました。
少ない小遣いで毎日こき使われたことで殺害を決心、父のみそ汁に殺鼠剤を混入しましたが飲まれなかったので、一週間後に塩酸をかけました。
結果的には殺害に至りませんでしたが、実行が失敗して我に返るということは無かったようです。
 
また、「都会を離れてのんびりと」などと言われる農家ですが、のんびりしていられるのは家庭菜園規模の場合で、職業としての専業農家は楽ではありません。
 
そもそも儲かる業種ではないことに加え、手間と時間がかかり、これをサボると商品価値はグンと下がります。
天候によって作業できる日とできない日があり、その天候によっても必要な世話が変わってくるので、休日は無いようなものです。
旅行に行くことなどほとんどできませんし、収穫期だけの少ない収入で1年持たせる心配をしながらの生活は多大なストレスなのではないでしょうか。

スポンサードリンク



加藤義之は何農家?ストレスフリーで育成できる野菜は何?


事件の舞台は福島県福島市荒井だそうです。
荒井地区に田畑は少ないのですが、徒歩圏内に広大な面積の田んぼがあります。
桃やきゅうりらしき畑の他はほとんど米を作る土地に見えるので、加藤義之は米を主とする農家ではないでしょうか?
 
米作りは一年を通して田んぼの心配をし、広い面積を使うので体力も必要な、比較的しんどい農業です。
今は田んぼに水を入れて土をかき回し、苗を植える準備を始める、疲れるシーズンかと思います。
 
もっと身近で、私たちにも手軽に育成できるストレスフリーな野菜があります。
プチトマトです!
米の様に育成に時間のかかるものは病気の予防や日々の世話時間が長くてたまりませんが、プチトマトなら早ければ1か月で収穫を迎えます。
トマトは原種から強い植物で、多少水やりを忘れても大丈夫。
畑に植える場合には土や場所を毎年変えなければなりませんが、プランターで手軽に栽培するものであれば土の入れ替えも手軽ですね。
小学校の栽培にプチトマトが選ばれるのも、これが理由ではないでしょうか。
 
せっかく野菜を作るなら、殺意など湧かないストレスフリーな野菜がいいですね!

スポンサードリンク



Pocket

関連記事

  1. 大谷直子さんの現在は?子供も芸能界で活躍!

  2. マダニに噛まれたら 取り方は?犬も噛まれる?死に至る事もある?

  3. 高須クリニックの裁判 結果はどうなる!民進党崩壊の危機?

  4. みちょぱが味覚障害!理由はモデルらしからぬ食生活!?

  5. 前田けゑは怪しいのか?貯金10万円からいきなり遺産相続15億円の驚愕仰天人生に迫る!

  6. 感電死 事故!お風呂でスマホを充電中に14歳の少女死亡する

  7. 三杉里公似の借金の理由!現在は?爆報!THE フライデーで明かされる真面目でも失敗したストーリー

  8. 高畑勲がthe roseを翻訳した曲がカバーされまくった!?

  9. 山本勇気 アウトサイダー 彼女の飲酒で知人男性を殴り逮捕

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP