注目の記事 PICK UP!

平野紫耀の小説でお風呂を修理?桜井・有吉THE夜会SPでは12日放送

Pocket

桜井・有吉THE夜会SPのゲスト平野紫耀と同居する小説??


12日の桜井・有吉THE夜会SPにゲスト出演する平野紫耀とシェアハウスするネット小説が出ています。
 
誰でも物語を作って投稿でき、それを誰でも読めるタイプのサイトに投稿された小説のようですが、このような投稿小説は多くの作品があるので上位ランクインは簡単な事ではないと思います。
 
しかし、平野紫耀とシェアハウスする小説は昨年6月に投稿さて始めてから9万5千回読まれ、ランキングは20位に入ったこともある人気作品のようです。
 
あらすじは、大家さんからある日突然、お風呂の修理のために上の階の人たちとシェアハウスするよう命じられるが、上の階にはジャニーズアイドルたちが住んでいるといったものでした。
そして小競り合いからムキになったジャニーズアイドル達が、主人公を自分たちに惚れさせようと熱を上げます。
 
夢のような内容ですが、この小説は主人公の名前を変更することができるので、自分の名前を入れればアイドルに名前を呼んでもらえます。
ファンにとっては夢のような小説ではないでしょうか。

スポンサードリンク



平野紫耀の小説のお風呂の修理とは?


桜井・有吉THE夜会SPに出演する平野紫耀の小説で大切なところは、物語自体よりもファンが喜ぶイベントを入れることではないでしょうか。
それならばシェアハウスに至った原因を究明するのは無粋なのかもしれません。
しかし、あまりに突然で話が入ってこないので勝手に想像したいと思います。
 
まず、何の前触れもなく突然大家さんから連絡されることから、浴室の破損やお湯が出ないなど使用者本人にしか分からない故障ではないことが考えられます。
外部から分かることとしては、ガスの異常消費や異臭しかないのではないでしょうか。
非常に危険なので、突然告げられることにも納得です。
 
もし異臭の問題であるならば、使用者本人である主人公が先に気付くのが普通なので、余程ぼんやりした主人公ですね。
しかし主人公を惚れさせようとする内容なので、ぼんやりしていた方が隙もあって面白いかもしれません。
 
序章でお風呂について詳しく語られないことが、後から
・大家さんが隠しカメラを取り付けていた
・元々大家さんが覗いており、本人視点では気付かない破損に気付いていた
といった内容となり、アイドル達とともに大家さんと戦う話になっていくかもしれませんね。

スポンサードリンク



平野紫耀の小説で同居の原因となったお風呂、カビを生やさない方法がある!


桜井・有吉THE夜会SPに出演する平野紫耀の小説でシェアハウスの原因となったのがお風呂の修理ですが、お風呂の問題としては故障・破損よりもカビに悩むことが多いのではないでしょうか。
 
湿気が大好きなカビにとって、お風呂場は絶好の生息地です。
使用後に毎回乾拭きすれば良いのでしょうが、あまりに面倒すぎますよね。
そこでオススメなのが、シャワーの水でお風呂場全体を流すことです。
 
カビは水だけでは生きられず、石鹸カスやアカを栄養源としています。
タイルや平たいプラスチック面にはこれらが残りにくいのでカビは生えませんが、凸凹面やへこんだゴム材のところには残ってしまうので、ここからカビが繁殖します。
 
使用後にお風呂場全体を冷たい水で流すと付着した石鹸カスやアカが流れ、更に全体の湿度も下がります。
湿度の低下は換気扇だけのときより早いです。
シャンプーやボディーソープのボトルも一つずつ洗い流すと良いですね。
 
天井に水をかけると換気扇の故障に繋がることがありますので注意してください。
天井だけはたまに拭く程度でもいいかもしれません。
鏡の水垢が気になる方は、流した後に乾拭きするといいでしょう。

スポンサードリンク



Pocket

関連記事

  1. 紅白司会者 2017決定!2016 2015の比較と内村光良の総合司会に期待!

  2. マツコデラックス 本名 松井 貴博 須藤凛々花の結婚宣言に1人では無理

  3. ジェームズ・ボーエンの現在は?足を怪我したボブ猫の世界を感動させたアンビリバボーな物語!

  4. ピューマ渡久地が嫁と離婚!爆報!THE フライデーで放送される記憶障害とは?

  5. ぱいぱいでか美はかわいいけれど愛人キャラ?天木じゅんとの対決が面白い

  6. 小泉孝太郎 中学時代の彼女は番組カメラマンと結婚 最近は熱愛が発覚!

  7. 君の膵臓を食べたいの「彼」は誰?名言から紐解くキミスイの魅力

  8. 鈴木林蔵のフランス蔵が爆報!THE フライデーで放送!すぐ行けるサンドイッチと海の幸

  9. 角谷暁子の母は?うわさは実は本当だった!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP