注目の記事 PICK UP!

チビチリガマ荒らし事件の犯人逮捕!?集団自決のあった心霊スポットの惨状!

Pocket

集団自決の心霊スポットチビチリガマで起きた事件!犯人は少年達…!?

なんとも罰当たりな事件が起きました。
 
太平洋戦争末期に集団自決があった歴史のある、
 
沖縄県読谷村の「チビチリガマ」という防空壕の内部が荒らされているのが見つかったそうです。
 
戦争の惨劇を物語る場所として、残されていたため、
 
遺族会の意思でチビチリガマの内部に入ることは禁止されていたはずでした。
 
しかし、立ち入り禁止と書いてある看板は倒されており、
 
ガマの入り口にある「世代を結ぶ平和の像」の石垣が破壊され、
 
さらには、瓶やつぼなどの遺物も割られ、
 
修学旅行生らが折った千羽鶴も引きちぎられていたそうです。
 
そして小さな骨を集めて納めていた場所も荒らされていたと言います。
 
遺族にとっては、この場所はお墓のようなもの。
 
それがめちゃくちゃに荒らされていたなんて、なんとも極悪非道な行為です。
 
一体犯人は誰なんだ?と様々な推測が生まれました。
 
沖縄ということもあり、日本人というよりは外国人の可能性の方が高いんじゃないか、と
 
犯人は在日韓国人では?というネットの声も多数あり、
 
また、1987年に右翼がこのチビチリガマで破壊行為を行って逮捕されていた経緯がある為、
 
犯人は右翼では?と疑う声もありました。
 
そんな中今日入ったニュースで明らかになった犯人は…
 
なんと、沖縄本島中部に住む未成年の少年達!!
 
見事に予想を外した展開になりました。
 
まだ動機に関してはわかっていないようですが、
 
器物損壊の疑いで逮捕されたのは、
 
19歳から16歳の無職の少年3人と17歳の解体工の少年1人の合わせて4人でした。
 
チビチリガマは、
 
アメリカ兵の残虐さを恐れて肉親相互が殺しあった集団自決が行なわれた場所だそうです。
 
140名近くが生活をしていたそうですが、多くの混乱の中で最終的に84名が命を落とした現場なのだそうです。
 
ガマの中では地獄絵図のような惨劇が繰り広げられ、
 
全犠牲者の半数以上が12歳以下の子どもだったという話があるようです。
 
そんな歴史がある為、心霊スポットとしても有名でした。
 
犯人の少年たちの起こしたことは、
 
遊んでいたノリで起こした事件にしてはあまりに罪深い行為です。
 

スポンサードリンク



 

集団自決があったチビチリガマだけじゃない!? 沖縄の心霊スポット

内部をめちゃくちゃに荒らした事件の犯人が捕まって一安心なチビチリガマですが、
 
沖縄には、集団自決のような、戦争での悲しい記憶の残った場所も多く、
 
心霊スポットとなっている場所が数多く存在しています。
 
チビチリガマ自体も、「アジアの最恐心霊スポット10選」に選ばれるほどの場所だったようで、
 
地元の人でも「不気味で、近くに民家も少なく、夜は街灯が少ないので怖い」と怖れられていたみたいです…
 
その他には、
 
謎の骨が散らばっていると噂の骸骨山は、沖縄県名護市内にある山です。
 
この山の中にはたくさんの動物や人間の骸骨があると言われていて、昼間に入っても不気味な森なんだそう。
 
深夜肝試しにきた若者達の中には、うめき声を聞いた人や、気絶した人もいるとか…。
 
また、観光地だと思って間違って足を踏み入れると大変なのが、中城高原ホテル。
 
世界遺産である中城城跡の無料駐車場からも見える為、
 
中城城跡の一部かと思い、入ってしまう観光客の方もいるそうです。
 
まだ営業されていた頃にプールで亡くなった子どもの霊の泣き声が聞こえたり、
 
「何か」の気配がする、など様々な体験談が噂されていて、
 
霊感が全くないはずの人でも体調不良になってしまう場所なんだとか…。
 
そして地元民が1番恐れているといっても過言でないのがSSS(スリーエス)。
 
沖縄中央部に位置する恩納村のムーンビーチの向かいの山中には、
 
ガードレールに赤字で「SSS」と書かれた区画があるそうです。
 
そこは、高名な霊能力者でも立ち入ることを嫌うというほどの心霊スポットで、
 
報告されている怪現象として、「霊に足をつかまれる」「車を揺さぶられる」「幻覚を見て精神疾患を患う」
 
「頭痛や吐き気に見舞われる」「全身にしびれが走る」など、
 
心理的だけでなく物理的なショックを受けたという報告が多く、命を落とした方もいるのだとか。
 
さらに、沖縄で最も有名な観光地として知られてる国際通り。
 
実はここも地元民からは心霊スポットとして知られています。
 
なんでも、多くの行き交う人に紛れて歩いている霊がいる、とか…
 
目撃例に兵隊の霊が多々あるそうですよ…

 

スポンサードリンク



 

荒らし事件チビチリガマのある読谷村ってどんなところ?

チビチリガマをはじめ、ゾクッとする沖縄の心霊スポットをご紹介しましたが、
 
事件のあったチビチリガマのある読谷村(よみたんそん)ってどんなところかご存知ですか?
 
沖縄の中部にある読谷村は、那覇から1時間の場所にあり、
 
絶景ビーチや名所がたくさんあるおすすめの観光スポットなんですよ。
 
例えば、「やちむんの里」。
 
沖縄らしい赤瓦屋根の、自然に囲まれた陶芸の里です。
 
大迫力の登り釜で焼き上げる沖縄の伝統的な焼き物(やちむん)の
 
個性溢れる工房で創作活動を目にすることができます。
 
里全体の雰囲気がなんとも居心地が良い場所で、
 
観て回るだけでも楽しい観光スポットです。
 
また、読谷村で人気の観光スポットといえば「体験王国むら咲むら」。
 
シーサーの色付け体験や琉球藍の絞り染めなど、
 
32もの工房で101種類ものさまざまな琉球体験が可能な、
 
琉球王朝時代にタイムスリップできる体験型のテーマパークです。
 
沖縄好きにはたまらない大人も子供も楽しめる「夢のような時間」を過ごせる観光スポットです。
 
「座喜味城跡」は、戦国時代の要塞として最高傑作といわれる世界遺産です。
 
沖縄最古のアーチ形石造門や、琉球石灰岩の切石積みの城壁が、保存の良い状態で残されています。
 
入口近くには歴史民俗資料館が併設されていて、座喜味城に関する知識を深めることが出来ます。
 
「ニライビーチ」は、国からお墨付きの透明度を誇るウミガメも訪れる天然白浜ビーチです。
 
白く美しい砂浜で抜群の透明度を誇るビーチで、マリンスポーツも充実しているので、1日中美しい海を堪能することが出来ます。
 
干潮と満潮の差が2mにもなるので、それぞれに違った海の生物をみることができます。
 
「Gala 青い海」は、海と塩について見て・学び・食べることができる体験施設。
 
沖縄のきれいな海水を煮詰めて自分だけの塩をつくり、
 
出来た塩はその場で、自家製のおせんべいやポップコーンにつけて食べることが出来ます。
 
またその塩を可愛いやちむんに入れて持ち帰ることも出来ます。
 
さらに本格的な陶芸体験でシーサーを作ったり絵付けも出来、
 
とんぼ玉アクセサリーなどがつくれる琉球ガラス体験などにもチャレンジできます。
 
いかがですか?
 
たくさんの魅力のある読谷村。
 
歴史やそこならではのものをたっぷり知るため、満喫する旅に出かけるのも良いですね。

 

スポンサードリンク



 

Pocket

関連記事

  1. 羽生結弦 nhk杯2017の曲名は?公式練習中の転倒で出場は大丈夫なのか?

  2. 小田急線火災の原因は?参宮橋-代々木八幡区間は通常運転できるのか?

  3. 大阪養子縁組連続殺人事件 アンビリバボー 真犯人は本当に自殺した養父なのか? 

  4. 八千草薫の現在 2017は?夫は映画監督!多摩川で外来種と格闘とは真実か!

  5. 石川県金沢市で殺人未遂事件!精神疾患が実行犯?原因は?

  6. 都民ファーストの会 怪しい連中とは誰なのか

  7. 浪川大輔の誕生日が2つある!不倫疑惑の真実に迫る!

  8. ホリエモンのロケット 会社はどんな?打ち上げ結果が知りたい!

  9. 塩見藍 逮捕!Facebookは?経歴や高校は?奈良県生駒市事件の真相

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP