注目の記事 PICK UP!

子猫救出!アンビリバボーが注目した9日間の排水溝からの救出劇に感動!

Pocket

子猫救出!アンビリバボー 排水溝に落ちた子猫を救った夫婦の9日間の救出劇が感動的!

少子高齢化が進む中、犬や猫のペットは、

人間の良き相棒として、癒しを与えてくれる存在

として、なくてはならない存在です。

そんなペットの中で、これまで一番人気だったの

ですが、現在はついにその一番の座を

譲りました。

今回話題になったのは、そんな一番人気の、

一匹の子猫とある夫婦の心暖まる感動の

ストーリーです。

 

今から4年前、大阪の吹田市で、自宅近の側溝

から続く排水溝に落ちてしまった子猫

発見されます。

最初に子猫の家の鳴き声に気付いたのは息子

さんでした。

翌朝消防署に助けを求めると、

「道路を掘り返すことはできません」

と言われて断られてしまいます。

しかし、排水溝から聞こえる子猫の悲しい声を

ご夫婦は無視することができませんでした。

そこでご夫婦は、消防署などの助けを借りず

自力で子猫救出をすることを決意しました。

排水溝は、雨が降ると大量の水が流れ込み、

中に落ちた子猫は溺れてしまうかも知れません。

ご夫婦は思考錯誤を繰り返し、9日間の格闘の

末に、とうとう餌付きのペットボトルを加工した

子猫救出カプセルを作り出し、無事に子猫救出

に成功しました。

 

そんな子猫救出の感動ストーリーが、

11月16日のアンビリバボーで紹介されます。

アンビリーバボーでは定期的に動物の特集を

組んでいます。

先日のアンビリバボーは、バルトという

エスキモーの犬の物語を放送していましたが

今回のアンビリバボーは猫ですね

 

スポンサードリンク



 

子猫救出!アンビリバボー 排水溝に落ちた子猫を救った夫婦の9日間の救出劇が感動的!

今回の大阪で起きた子猫救出劇は、諦めずにいた

ご夫婦の記録Twitterを通じて拡散、話題に

なりました。

その感動の物語は 一般のtwitterユーザーは

コピーライターの糸井重里さんや、漫画家の

羽海野チカさんからも

「なんだかお礼を言いたくなりました」

などとコメントが寄せられる反響となりました。

また、またこの内容を以前に読んだ人が

同じような子猫救出の「お手本にしていた」

いった例もあったそうです。

良いお手本ですからいろんな部分で参考に

なります。子猫救出を番組で選んでくれた

アンビリバボーに感謝です。

 

今回のアンビリバボーが注目した子猫救出の

感動ストーリーは日本の大阪で起きた、心温まる

事件でしたが、世界に目を向けるとまだまだ

色々な人と子猫救出のストーリーを見つけること

ができます。

アメリカはロサンゼルスで、建物の外階段の

下の空間に、身動きが取れなくなっている子猫

が4匹発見され、救出される事件がありました。

母猫は狭い空間で出産し、そのまま子猫たちは

外階段の下の空間に取り残されていました。

動物保護団体の職員がコンクリート部分を壊し

子猫救出は成功!無事保護されています。

 

イギリス・ロードアイランド州で、子猫が狭い

レンガとレンガのわずかな隙間に挟まって

身動きの取れない状態で発見され、

交通事故の際に車から人を救出するときなどに

用いる油圧ツールを使って子猫救出をした

消防士たちの活躍劇がありました。

「たくさんの動物を助けてきたけれど、

油圧ツールを使ったのは初めてだった」

と、消防士たちが語ってくれたそうです。

 

タイでは、排水溝のふたの穴子猫が頭を

突っ込んで抜けなくなった事件が発生、

油を流して抜けやすくしたのですが、抜けず、

最後にはコンクリートを破壊、金属部分を

チェンソーで焼き切って子猫救出を成功

させました。

 

世界では、いろんな出来事があります。

まだまだアンビリバボーなネタがありそうです。

 

スポンサードリンク



 

子猫救出の参考に!猫の鳴き声から想像する人間へのメッセージ

今回のアンビリバボーは子猫救出でしたが、

日常生活で、子猫救出をする機会はほとんど

ありません。

しかし、野良猫と遭遇したり、ペットとして

猫を飼う機会は、これから巡ってくるかも

しれませんから、鳴き声で猫たちの気持ちを

分かってあげると、よりよい関係が築ける

かも知れません。

猫がどういう気持ちでいるかを参考にする

鳴き声がありましたのでご紹介しておきます。

 

「食べたい、甘えたい、遊んで」などの欲求

ニャー、ニャオ、ニャーン

※猫を飼っている方ならすぐ分かる声です。

「安心、満足、リラックス」

ゴロゴロ、グルグル

※喉やお腹をさするとよくこう鳴きます。

「威嚇、喧嘩、警戒」

ウー、シャー、シュー

※猫どうしの喧嘩でよく聞く鳴き声です。

「恐怖、苦痛、パニック」

ギニャー、ミャーオ、マーオ

「発情、自己アピール、求愛」

アォーン、ンニャーオ

※猫どうしの求愛でよく聞きます。

「返事、挨拶」

ニャ、ウニャ

「獲物を見ている、もどかしい」

カッカッ

などです。

こうした鳴き声を聞き分ける事で、

猫のご機嫌を伺えたり、何か訴えている事を

察知できるかも知れません。

 

野生の猫は普段は声を発する事はあまり無い

様ですが、飼い猫であれば、また人になつく

習慣がある猫ならば、人に対して鳴き声

訴えかけてきます。

 

アンビリバボーで様々な動物を紹介して

いますが、やはり一番多いのは、猫と犬で

しょう。人間の生活に一番密接に関係している

動物ですから、今後も仲良くいい関係を築いて

いきたいものです。

アンビリバボーでの人と動物のストーリー、

これからも期待しています。

Pocket

関連記事

  1. 荷受け代行詐欺と押し貸し詐欺をアンビリバボーで放送!振り込まれたときの対処法は?

  2. 津田恒美記念館プロジェクトを息子の大毅がスタート!クラウドファウンディングで目標達成!

  3. 立原美幸の現在は?アンビリバボーのアステカ祭壇事件の真相と衝撃の事実とは?

  4. キャサリン・グラハムをアンビリバボーで!元主婦が国家レベルの判断を迫られる!

  5. 君の膵臓を食べたいの「彼」は誰?名言から紐解くキミスイの魅力

  6. 天明麻衣子にワキ汗?旦那が弁護士のエリート女子アナが有吉反省会で反省する!

  7. 又吉直樹はイケメン!昔の写真から納得! 番組で20年ぶりに憧れの人と奇跡の再会!

  8. ダリッジの小屋がアンビリバボーで!真実は必要ない口コミサイト

  9. 山本文郎事務所の死因は?爆報!THE フライデーでトラブルだらけの妻を放送

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP