注目の記事 PICK UP!

鈴木明子 拒食症をテレビで激白 壮絶な戦いに勝てたきっかけは母の言葉!

Pocket

鈴木明子が拒食症を克服できたのは、あたたかい母の言葉 テレビで激白!

フィギュアスケート女子シングルの選手として

活躍したプロスケーターの鈴木明子さん。

ジュニア時代から注目の選手されていた選手で

テレビでもよく見負けた選手ですが、

じつは大学進学後に摂食障害になり、

身長160センチで48キロあった体重は一時、

32キロにまで落ちました。

 

摂食傷害は2つのケースがあり、食事が食べられ

なくなる「拒食症」と、突然突然大量の食べ物を

とるようになる「過食症」とに分けられます。

鈴木明子さんの場合は「拒食症」でした。

 

医師からは「30キロまで落ちたら入院しかない」

と言われたそうですが、鈴木明子さんは

入院を拒みます

その頃には練習のできなくなり、もちろん

テレビで見かけることもなくなりました。

入院を拒む私の姿に明子さんの母は、

「この子から、生きる目標を奪ってはいけない」

と思ったようでした。

そして、

「まず、食べられるものから、食べよう」

と助言したそうです。

食事を取るという普通の生活ができず、

劣等感自己嫌悪しかなかった鈴木明子

さんをお母さんがが受け入れてくれた。

それが回復のきっかけになったそうです。

娘の身を案ずる母親の温かい言葉、

これが何よりの薬だったのかも知れません。

そんな鈴木明子さんが、仰天ニュースで拒食症の

実体験をテレビで語るようです。

 

スポンサードリンク



 

鈴木明子が苦しんだ拒食症とはどんな病気?テレビでも話題に

鈴木明子さんが苦しんだ摂食傷害とは一体

どんな病気なのでしょうか?

ダイエットにこだわるあまり、拒食症や過食症に

なったり、それを繰り返したりするケースが

「摂食障害」と言われています。

精神疾患の一つとされ、厚生労働省の研究班に

よると、その数は全国で約2万6千人

克服に何年もかかることは珍しくないうえ、

心と体へのダメージは深刻で、死亡率

精神疾患の中で高いとされています。

若い女性の5人に1人が悩んでいると言われて

います。

なかなか治りにくい心の病気とされ、心療内科

での投薬治療や心理カウンセリングといった

治療が一般的です。

テレビなどのメディアでもその危険性がしばしば

取り上げられています。

症状がさらに重くなっていたら、鈴木明子さんも

拒食症で命を落としていたかも知れません。

 

じつは、摂食障害を告白した芸能人、有名人

鈴木明子さん以外にも何名かおります。

テレビに出ている有名人も摂食障害で苦しんでいます。

以下に名前を挙げてみます。

 

ともさかりえさん

「ドラマにでていた当時、拒食症を患っていた」

とのちにカミングアウトしていますが、

まだカミングアウトしてない人気絶頂期の時に

「ダイエットなんて簡単。吐けばいい」と言って

いたことで、日本中に摂食障害の女性を増やした

と言われています。

 

釈由美子さん

彼女の場合、もともと素因があったところに、

芸能界というストレスの多い業界に飛び込んで

しまったのが、摂食障害になってしまうきっかけ

だったと考えられています。

 

遠野なぎこさん

遠野さんは、摂食障害の暴露本を出版されてます。

15歳のころから摂食障害だったようです。

母親も同じ摂食障害だったようです。

 

Coccoさん

『パピルス』という雑誌で、2007年から

拒食症であることを告白しています。

昔から自分の容姿も性格も受け入れられず、

自傷行為を繰り返しながら生きる彼女。

今もその症状に苦しんでいるかも

知れません。

 

宮沢りえさん

宮沢りえさんは、高花田さんとの破局が

報じられらた後、「激ヤセ」が発覚しました。

日本中で話題になりましたが、そこから奇跡の

復活を遂げています。

その後書籍でも語られています。

 

スポンサードリンク



 

鈴木明子さんの拒食症もそうだった、大切な母親の存在

テレビ番組の仰天ニュースで紹介されるとおり

鈴木明子さんが拒食症から回復するきっかけが

母親の言葉であったように、摂食障害には母親の

影響が関係している場合が多いそうです。

母親は摂食障害の回復を手助けできる存在として

その存在や影響は大きいと言われています。

一般的に、よく言われているのが、母親にかまって

ほしいという願望から摂食障害になってしまう例が

あります。母親は摂食障害のきっかけにもなり得ます

が、それ以上に回復のためのサポーターとして重要な

存在といわれています。

「関心を自分に集めたい」

「親に負担をかけないようにしよう」

「母親が好きだから嫌われたくない」

「ありのままの自分では愛されない」

「完璧でなければ愛されない」

など、母親とのコミュニケーションに負荷がかかって

いたら、拒食症の原因となる危険性があるようです。

 

また、父親がその原因となる場合もあります。

父親の場合は、普段から怒鳴り散らしたり、

ひどい時には体罰を与えるなど、父親への恐怖心から

拒食症、摂食障害になる場合があります。

両親の不仲なども見逃せない要因です。

両親とも、子供としっかりとコミュニケーションを

とり、愛情を注いで育てることが大切な事かと

思われます。

鈴木明子さんの例のように、近しい人の愛情が

きちんと伝わるのなら、拒食症や摂食障害などの

問題も解決できるのではないでしょうか?

先のテレビ番組でも、そうした事柄を説明して

くれたら嬉しいのですが、、、。

その後の鈴木明子さんの拒食症が回復して、

奇跡の復活でオリンピックで活躍できたのも

回りの方が彼女に愛情を注いで応援したから

ではないかと思います。

今はプロスケーターとして、その華麗な姿を

テレビなどで見る事ができます。

 

月並みですが、愛って大切です。

それに、愛する行為と金銭は比例関係では

ありませんから、お財布をそれほど気にする

必要もないと思いますので。

 

スポンサードリンク



 

Pocket

関連記事

  1. 子猫救出!アンビリバボーが注目した9日間の排水溝からの救出劇に感動!

  2. ジェームズ・ボーエンの現在は?足を怪我したボブ猫の世界を感動させたアンビリバボーな物語!

  3. 岡寛恵はバイオハザードの声優だった 大林宣彦監督と35年ぶり涙の再会!

  4. 倉沢敦美 ケイナ娘が可愛いと評判!真屋順子と20年ぶり感動の再会!

  5. バルト 犬ぞりリーダー犬が映画に!アラスカで血清を運ぶ感動秘話と知られざる真実とは?

  6. 上野動物園でパンダの赤ちゃん! 5年ぶりに生まれ大歓喜!

  7. 高知龍馬マラソンがアンビリバボーで!高低差あるコースで起きた秘話

  8. ジェイクオルソンはアメフト選手で全盲!全米を感動させたその活躍とその背景に迫る!

  9. .hack//G.U.がアンビリバボーで感動秘話に?バンダイナムコの神対応!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP